菊甲食品「伊達のいか人参」お取り寄せレビュー

お取り寄せを楽しんでいる桜雨です。

今回はマツコの知らない世界で紹介された菊甲食品の伊達のいか人参をお取り寄せしたので、紹介します。

菊甲食品の伊達のいか人参が気になっているけれど、お取寄しようかどうか迷っているのなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

 

いか人参ってどんなお漬物なの?

いか人参は福島県の郷土料理で、するめと人参を和えたもので、ご飯のお供やおつまみとして愛されてきました。お正月の定番でもあったそうです。

江戸時代末期から食べられていたので、もしかしたら白虎隊の若者たちも食べていたかも知れません。歴史のロマンも感じられていいですね。

伊達のいか人参食べてみた

人参はしんなりとなっているのかなと思ったら、すっごくシャキシャキしてます。生に近いです。

そして、食べてみると、甘じょっぱい味にかすかな酸味。口に広がるスルメの風味。

もうご飯が止まらない!あー、おいしい!ご飯が無限ループできる!

お、おいしい!

最近、スーパーの漬物を買っては、「おいしくない」とハズレばかり引いている母親も、「おいしい〜!」と大感激。

これさえあれば、他におかずいらないくらいにドンピシャに好み。お酒との相性は私は下戸なのでわかりませんが、ご飯には最高です。

伊達のいか人参お取り寄せまとめ

今回は菊甲食品の伊達のいか人参を食べてみました。

甘じょっぱい味に広がるスルメの風味が最高で、お米がいくらあっても足りないってくらい無限おかわりしたくなる味でした。

マツコの知らない世界でも紹介されただけあり、ご飯のお供やおつまみにぴったりでした。

気になったらぜひ菊甲食品の伊達のいか人参をお取寄せしてみてください。