大人女子的スイーツ生活

いくつになってもケーキは別腹✨

エスプリ・ドゥ・パリ「究極のモンブラン」は上から下まで全部栗尽くし!

究極のモンブランをご存知でしょうか。商品名です。自分の商品に究極と名付けるとはなんという自信でしょう。

地元の百貨店に入荷していたので、どれくらい究極なのか知りたくて購入しました。保冷バッグに入れて1時間以内には帰宅したのですが、自宅に戻ったらクリームが溶けてしまっていました。

通常であれば、レビュー記事を公開しないほうがいいのでしょうが、注意点などを知りたい方もいるだろうと思い、公開しました。

エスプリ・ドゥ・パリとは?

エスプリ・ドゥ・パリは東京都武蔵野市にある洋菓子店です。鈴木俊之シェフはフランスの一流店で食べ歩きをし、その時に感じたフランスの精神が店名の由来だそうです。

素材はシェフが安全と信じるもののみを使っていて、バターと生クリームは北海道から直送していて、材料の品質にもこだわっているお店です。

究極のモンブランのポイント

究極のモンブランは鈴木俊之シェフが研究の末にたどり着いたモンブランで、栗の味わいをたっぷりと味わってほしいと作られました。

土台には天津甘栗がアクセントとなっています。外側は北海道産生クリームを混ぜ合わせた和栗のマロンクリームが絞られて、その中にはフランス産のマロンペーストを使用した栗のババロアが入っています。

上には大粒の栗の甘露煮が飾られていて、4種類の栗を一度に味わえる贅沢なケーキで過去にはバゲットや1億3000万人のSHOWチャンネルにも取り上げられたこともあります。

究極のモンブランの詳細商品情報

ブログ主が購入した時点での原材料と価格を紹介します。

原材料名

栗、生クリーム、白小豆、卵、牛乳、澱粉、バター、砂糖、ラム酒グルコマンナン、ゼラチン【一部に乳製品・卵・大豆・ゼラチンを含む】

価格

2個入り1728円、3個入り2592円、4個入り3456円、5個入り4320円、6個入り5184円

保存と解凍方法

冷凍庫で保管してください。公式サイトでは冷蔵庫に12時間入れて解凍すると掲載されています。

ただ、個人的には最大でも7時間もあれば解凍されていると思いました。

今回はすでに解凍済みのものを購入しました。もしかしたら、持ち運びの不手際ではなく、解凍から時間が経ちすぎてしまい、クリームが溶けたのかもしれないので解凍しすぎにはご注意ください。

気をつけたいポイント

実店舗以外は公式ショップとAmazonでのみ購入することができます。それ以外のお店で見かけたら、転売商品ですので購入はおすすめしません。

公式ショップとAmazonどちらで買うのがお得?

公式ショップもAmazonも送料や値段に違いはありません。ポイントサイトを経由して、Amazonで購入したほうがポイント分お得になります。

おすすめの人

上から下まで栗が入っているので、なので、栗が好きな人におすすめです。

ラム酒入りですが、風味づけ程度なので、お酒の風味を嫌がらなければお子さんも食べることができます。

味の感想

モンブラン自体はそんなに大きくなくて、シャトレーゼで売ってるケーキと同じくらいでしょうか。

トップは大きな栗の甘露煮。この甘露煮が本当に大きくて、とてもほこほことした食感で甘くて、すっごくおいしかったです。

外側はマロンクリーム。このマロンクリームは動物性脂肪分が100%のため、保型性が低く溶けやすいです。

ブログ主のような失敗を犯さないように解凍後、あまり放置しないようにしてください。

味は栗と生クリームのミルキーな風味が両方ともあって味わいが深いです。

中には栗のババロア。こちらも柔らかで滑らか。

ボトムは天津甘栗が入った栗のペーストで、角切りの栗が食感のいいアクセントになっています。ただ、この栗のペーストは食べすすめていくと、白あんの味が濃くなってきます。

ラム酒の風味も感じますが、アルコールを飲めない体質のブログ主でも酔うことはありませんでした。

生クリームの豊かなミルクの風味と栗の味わいがしっかりとマッチしていて、味はとてもおいしかったですが、全部、栗味なので途中で飽きちゃうかも。

アクセントにナッツやクッキーを用意するのをオススメします。

お取り寄せは冷凍状態で届くので、トラブルが発生しない限り解凍時間を守れば、ブログ主のような大惨事の見た目にはならないはずです。

まとめ

今回はエスプリ・ドゥ・パリの究極のモンブランは全てのパーツに栗が使われていて、見事に栗尽くしで秋を堪能することができました。

栗欲を満たすことができるので、栗スイーツ好きの方にオススメです。