大人女子的スイーツ生活

いくつになってもケーキは別腹✨

ローソン×おいもやさん興伸「どらもっちスイートポテト」&「大学芋風ロール」食べてみた

ローソンが2022年10月に浅草のさつまいもスイーツの名店おいもやさん興伸とコラボしたスイーツを2つ販売しました。

さつまいもスイーツと聞いては居ても立ってもいられないということで早速買ってみました。

 

 

おいもやさん興伸とは?

おいもやさん|株式会社 川小商店|創業明治9年の甘藷問屋

おいもやさん興伸は創業明治9年のさつまいも問屋が経営するさつま芋専門店で、浅草を中心に11店舗でさつまいもを使った和風スイーツを販売しています。

名物は大学芋とスイートポテト。

自社農園も持っていて、大学芋にして販売もしています。

スイートポテトや大学芋はお取り寄せすることもできたので、スイートポテトをお取り寄せしてみました。

おいもやさん興伸のスイートポテトはおイモとバターがとっても濃厚! - 大人女子的スイーツ生活

どらもっちスイートポテト&大学芋風ロール

まずは大学芋風ロールを食べてみます。

紫芋ペーストを練り込んだのロール生地に、紅はるかの焼きいもペーストを使用したクリームが中に入っています。

大学芋風だから、さつまいもメインの味なのかなと思ったら、最初に感じたのは生クリームがとってもおいしいということ!

それもそのはず。生クリームには北海道産の生クリームが配合されているので、絶対美味しいに決まってました!

そして、もちろん、さつまいもの味もしっかりとしていて、とてもしっとりなめらか。スポンジ生地に練り込まれたごまのぷちぷちとした食感と風味もいいアクセントになっていて最高に美味しいです。

さつまいもとごまの相性の良さにびっくりしました。大学いもに普通にトッピングされているから食べているはずなのに。

ごまとおいもの量のバランスが良かったから、相性の良さに驚けたのかも。

ちなみに、中のソースは三温糖が使用されていて、香ばしさのある優しい甘さでした。

とにかく、クリーム好きさんはぜひ買ってください!

続いてはどらもっちをいただきます。

見た目は普通のどらもっちです。どらもっちは通常のどら焼きよりも皮が薄いのが特徴なのだそう。

切ってみると、黄色いあんこが出現。

いつものどらもっちのもちっとした生地の中に、紅はるかを使用した甘いさつまいもあんとホイップが入っています。

いつものあんこのどらもっちよりも生地のこうばしさが際立っていたように感じましたが、さつまいも感は充分感じます。

さつまいもあんはねっとりとしているけれど、とってもなめらか。ロールよりもさつまいもあんが甘く感じました。

だけれど、ホイップもあるし、とても食べやすいです。こちらも生クリームは北海道産クリームが配合されているので、とってもおいしいです。

まとめ

どちらもとってもおいしかったです。

さすが、さつまいもの名店と知られるおいもやさん興伸とのコラボスイーツなだけあり、さつまいも感も充分ありました。

そして、生クリームがとってもおいしくて、さつまいもも好きだけれどクリームも好きなブログ主も大満足です。

おいもやさん興伸からお取り寄せしたスイートポテトの感想も読んでみませんか?

www.sweets.sakuramechocolate.com

商品詳細情報

どらもっちスイートポテト

名称・洋生菓子

原材料名・さつまいも餡(国内製造)、液全卵、砂糖、乳等を主要原料とする食品、小麦粉、クリーム、水あめ、水飴混合異性化液糖、米ペースト、ながいも、牛乳、練乳ペースト、液卵黄、マーガリン、食塩、オリゴ糖/加工デンプン、トレハロース、膨張剤、乳化剤、香料、着色料(クチナシ)、増粘多糖類、pH調整剤

栄養成分表示1包装(1個あたり)熱量260kcal、タンパク質4.2g、脂質7.7g、炭水化物44.3g(糖質42.7g。食物繊維1‥6g)、食塩相当量0.1g

値段税込み203円

大学いも風ロール

名称・洋生菓子

原材料名・糖類(砂糖、水飴)、液卵(国内製造)、さつまいもペースト、乳等を主要原料とする食品、小麦粉、カスタードクリーム、マーガリン、白こしあん、牛乳、植物油脂、食用乳化油脂、ごま、ゼラチン、還元水飴、食塩、寒天/グリシン、乳化剤、加工澱粉、着色料(クチナシ、紅麹、カラメル、紅花黄)、香料、トレハロース、膨張剤、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、酒糟、メタリン酸Na、酵素、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、酸化防止剤(V.E)

栄養成分表示(1包装当たり)熱量243kcal、たんぱく質4.7g、脂質12.8g、炭水化物27.6g(糖質26.8g、食物繊維0.8g)、食塩相当量0.19g

値段税込み257円